MENU

Stuttgart

2018年10月29日

Hallo!

 

 

先日、ドイツ南西部のシュトゥットガルトに行ってきました!

シュトゥットガルトはベルリンからヨーロッパウィングスで1時間強ほどで着きます。

英語がしっかり通じるので、留学ではなく旅行に行くのも気楽ですね。

今回は予定が詰まっていて日帰りになってしまいましたが、

秋晴れして少し暑いくらいの気温で、とっても気持ちがよかったです。

 

さて、シュトゥットガルトと言えば自動車!

ポルシェとベンツの本社と博物館がそれぞれあります。

 

ポルシェ博物館

住所:Porscheplatz 170435 Stuttgart, Baden-Wurttemberg, Germany

メルセデス・ベンツ博物館

住所:Mercedesstraße 100, 70372 Stuttgart, Baden-Wurttemberg, Germany


営業時間はどちらも月曜日が定休日、火曜から日曜日まで、9:00 - 18:00の時間帯です。


 

 

まず行ったのはポルシェ博物館。

S__12099598.jpg

 

ポルシェはある一定のフォルムを追求し続けているような気がします。

まるで粘土から作っているような、人間の描いた曲線的な柔らかいフォルム。

製品の展示空間らしい、白を基調とした会場構成。

レーシングカーも見所です!

 

 

ポルシェでは、学生さんたちをたくさん見ました。

未来のカーデザイナーなのでしょうか....

車のデザインは覚えることや現場体験が非常に複雑そうです。

しかしながら、カーデザインというのは魅力的で、憧れてしまいます。

 

カーズに出てくる、ポルシェ911型のサリー・カレラがここにいましたよ!

S__12099596.jpg


ここまでがっつり本物を作っているのに驚きです...

口元がグラフィックそのもの!


ポルシェ博物館は比較的お土産がマニアックでした。

レーサー用かと思われるジャケットもありました。

 

 

そして次に行ったのはベンツミュージアム!

S__12099597.jpg

 

まるでディズニーのような愛らしい展示!

博物館は少し複雑な階層ではありましたが、お洒落な雰囲気ベースでした。

ベンツは色んな自動車を作ってきています。車だけでなく、船や飛行機にも挑戦していました。

ベンツが歩んできた歴史を見ていると、そこには人々の暮らしや時代背景がくっきりと見えてきます。

 

ベンツは一台一台の個性が強く、似たような車はあまり多くないです。

エンブレムのこだわりは魅力的。

 

 

 

ポルシェとベンツは博物館の雰囲気が全く異なります。

機械と呼ばれているものはどこか無機質な感じがしますが、

こんな大きなものでさえ、人が一から構想して、夢を現実に作ったものなんだなと改めて人間の底力を思い知らされた機会でした。

アーーーー車欲しいな...

この記事の関連記事

はじめまして     ブログスタッフの平野です。 これからこちらのブログにて、ベルリンでの日々をご紹介して行きたいと思います!   まずは自己紹介から。     私は今年の4月から、語学留学ビザにて、デザインの研究の為にベルリ

  さて、今日はあるイベントに行ってきたので ベルリンで現在行われているイベントの一つをご紹介したいと思います。   [Berlin leuchtet 2018 - Berlin Light Week!] 公式HP : http://

こんにちは、平野です。   ベルリンは穏やかな秋も終わり、曇天とわずかな晴れ間の冬が、とうとうやってきたようです...!   私は豪雪地帯出身なので慣れっこのはずですが、 ベルリーナたちが「ドイツの冬は最悪!」と顔をしかめていたので な


最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2019

ブログスタッフプロフィール

ドイツ留学の準備


© 2019 All rights reserved.