MENU

はじめまして

2018年10月12日

はじめまして

 

 

ブログスタッフの平野です。

これからこちらのブログにて、ベルリンでの日々をご紹介して行きたいと思います!

 

まずは自己紹介から。

 

 

私は今年の4月から、語学留学ビザにて、デザインの研究の為にベルリンに移住しました。

通っている学校はF+U Academy of Languages Berlin(http://www.fuu-berlin-languages.com/)です。

 

なぜデザインの研究の為にドイツ、そしてベルリンを選んだのか。

他の国でもデザインはもちろんありますし、ドイツもしくはヨーロッパのデザインがいいのか?と言われると

物や人、環境、文化...様々な個々の感覚によるので一概に「この国がベスト!」と言うのは難しいところです。

 

私がドイツを選択した理由は、まずドイツがデザインの歴史上に置いて非常に重要な地であったということです。

ドイツは美術がとっても盛んな地です。

ドイツにはデザインの歴史に欠かせないバウハウスに関する資料や建物、アーカイブ、

そしてバウハウスの精神を受け継いだウルム造形大学があります。

 

私は大学でデザインの勉強をしていましたが、まだまだ歴史から学ぶべきことがあったので

美術とデザインの歴史に貢献し、今もなお多くの人々に影響を与えているアーティスト達のゆかりの地である、ドイツを選びました。

 

 

ではなぜベルリンにしたのか!

 

ベルリンといえば、よく言われるのは「ベルリンはドイツじゃない」ということ。

私は住んでまだ半年しか立っていませんが、ドイツ人がそう言うのも納得できます。

ベルリンを出るとたちまち街はどんどん綺麗になり、歴史的建造物も増え、ヨーロッパらしさが一気に醸し出されます....

ヨーロッパらしさを求めると、ベルリンは少し違うかな...と思います。

 

そして何より多国籍なのがベルリン。

ドイツは政策上移民を多く受け入れていたり、大学が外国人にも安かったり、ドイツ語ができなくても英語で生きていけたり。

様々な条件が重なって、いろんな国籍の人々が共存しています。

 

ベルリンの良いところは人によってかなり違うと思います。

 私がベルリンを選んだのは、去年の時点では以下の理由でした。

 

・ドイツ語と英語を習うことが可能。

・首都なのでIFAなど国際的な大きなイベントがある。

・(現在はまた少し価格変動があるかもしれませんが)物価が安い

・多国籍なので自分の国籍を意識しすぎないで住むことができる。

・ギャラリーが非常に多い。

 

かなり長くなってしまいましたが、こんな感じで今にいたっております。

実際住んでみて、「ベルリンに住んで見てよかったか?」と聞かれると、今までは時期によってかなり答えが違いました。笑

 

ただ今は、沢山のトラブルや理不尽な問題を乗り越えた上で、

自分にとっては(今のところ)これでよかったなと思っています。

また時期によって変わるかもしれないですが....

 

長くなりましたがこんな感じで自己紹介を終わります!

自己紹介になっていませんが終わります!

この記事の関連記事

    こんにちは!平野です!   ハロウィンで渋谷が大変なことになっているそうですね... ベルリンも今週は仮装した人々が夜な夜な歩き回っています。   さてそんな中ですが! ハロウィン発祥の地であるアイルランドに行ってきました。

Hallo!     先日、ドイツ南西部のシュトゥットガルトに行ってきました! シュトゥットガルトはベルリンからヨーロッパウィングスで1時間強ほどで着きます。 英語がしっかり通じるので、留学ではなく旅行に行くのも気楽ですね。 今回は予定

こんにちは、平野です。   ベルリンは穏やかな秋も終わり、曇天とわずかな晴れ間の冬が、とうとうやってきたようです...!   私は豪雪地帯出身なので慣れっこのはずですが、 ベルリーナたちが「ドイツの冬は最悪!」と顔をしかめていたので な


最新記事

カテゴリー

アーカイブ

2019

ブログスタッフプロフィール

ドイツ留学の準備


© 2019 All rights reserved.