MENU

ドイツ留学中の滞在方法について主なものをご紹介します。滞在方法を考える際の参考にしてみてください。

ホームステイ

ドイツ人家庭の一部屋を借りて一緒に生活をします。一つの家庭に二人以上の学生がステイすることもあり、部屋は一人部屋または他の学生とシェアをする二人部屋です。食事は朝食と夕食の2食付きが一般的ですが、朝食のみ、食事なしで間借りのみを選択することもできます。

ホストファミリーは、シングルマザーや年配夫婦などタイプは色々です。

料金

550~1200ユーロ 食事なし、朝食付き、2食付きによって料金が変わります。

メリット

・食事や生活習慣など生のドイツ人の生活が体験できる。
・頼れる家族がいるので、初めての留学でも安心。
・家でもドイツ語を使うのでドイツ語の会話力が上達する。
・ドイツに第二の家族ができる

デメリット

・食事のタイミングなど家族の生活習慣や規則に合わせなければならない。
・郊外の家だと通学に時間がかかる

学生寮

語学学校が管理をする学生寮で、他の学生たちとの共同生活です。部屋は一人部屋または他の学生とシェアをする二人部屋。寮にもよりますが、ワンフロアの3~4部屋でキッチン、バス、トイレを共同で使用します。食事はついていないため自炊となります。

料金

約500~1200ユーロ
1人部屋か2人部屋、学校からの距離、都市によって料金が異なる。

メリット

・友達づくりの場になる
・自分のペースで生活できる
・学校に併設している寮もあるなど、学校に近い場合が多く通学に便利

デメリット

・文化や生活習慣の違う学生たちと生活をするので、
騒音やマナーなどが悪い相手だとストレスがたまることも。
・シャワーの時間など人とかぶらないようにしなければいけない
・夏場は部屋が埋まりやすいため早めの手配が必要

アパートメント

日本のアパート一人暮らしのように、個室にキッチン、バス、トイレもついているタイプ。

完全にプライベートな空間で生活をすることができます。

料金

約600~1700ユーロ
学校によって大きく異なる。

メリット

・完全にプライベートな生活をおくることができる

デメリット

・費用が高い
・積極的にならないと人と関わる機会が少ない

ルームシェア(WG)

ドイツ語でWG(ヴェーゲーと発音)と呼ばれるのが、数部屋あるアパートを他の人とシェアするルームシェア形式の滞在方法。ドイツではとてもポピュラーで学生の多くはWGで生活しています。家具つきの部屋が見つかれば、家具をそろえる必要もありません。

学校が手配してくれることはほとんどないので、自力での部屋探しになります。ドイツはどこの街も住宅難で部屋探しは非常に難しいうえ、部屋の募集主に詐欺が紛れていることもあるので注意が必要です。まずは学校手配のホームステイか学生寮で生活に慣れて余裕が出てきたらルームシェアを探すのもいいでしょう。

料金

約300ユーロ~600ユーロ
都市、部屋の大きさによって異なる。光熱費、水道代、インターネット代が家賃に含まれているか否かは物件によって確認が必要。

メリット

・自分のペースで生活できる。
・気の合うルームメイトだと一緒に料理をしたり出かけたり有意義な生活を送ることができる。ルームメイトがドイツ人の場合ドイツ語の練習になる。
・家賃を抑えられる

デメリット

・部屋探しが非常に難しい
・シェア人数が多いとシャワーの時間の調整など気を遣う
・シェアメイトとの相性が悪いとストレスになる

ドイツ留学の準備
ドイツ留学中のこと
ドイツ留学準備の知りたい情報をたっぷり詰め込んだガイドブックを無料で受け取る
留学準備から現地生活情報まで丁寧にアドバイス 無料留学セミナー実施中!
無料カウンセリングで具体的なプランを決定 あなただけのオーダーメイド留学を実現!
無料カウンセリングに申し込む
アクセス

〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目17-5

大江戸線「築地市場」A3出口より徒歩4分

銀座線/丸ノ内線/日比谷線「銀座」A3出口より徒歩10分


無料カウンセリングを予約する
無料カウンセリングを予約する
ドイツ留学の都市紹介
ドイツ留学の学校紹介
女性のためのドイツ留学サポートサービス ドイツ留学サポートセンター

ドイツ留学の準備

ドイツ留学保険について

海外旅行保険

ドイツ留学中のこと

ドイツの様子が分かる動画集

ドイツ留学の都市紹介

ドイツ留学の語学学校紹介

お申し込みはこちら

営業時間 平日 10:00-18:00

〒104-0061
東京都中央区銀座8丁目17-5

大江戸線「築地市場」A3出口より徒歩4分

銀座線/丸ノ内線/日比谷線「銀座」A3出口より徒歩10分


© 2017 All rights reserved.